アコスティックギターコース

〖構造〗ひと昔前は『フォーク・ギター』と呼ばれていたかもしれません。 “ボディの形”や“材質の組み合わせ”が豊富で、自分の演奏スタイルにあったギターを選べます。弦はスチール(鉄製)のものを張る。

〖ジャンル〗弾語りのほか、ポップスやロックのバンドなどでも頻繁に使われています。「コードストローク」と呼ばれる、左手でコードを押さえ、右手でリズムにあわせてピックで弾く奏法や、「フィンガーピッキング」と呼ばれる、ピックなどを使わず、指先と爪を使って弾く奏法があります。60年、70年代フォーク、初期のジャパニーズフォークからニューフォークまで、たくさんのヒット曲から自分の好きなアーティストの曲を選び、弾きながらその奏法をマスターしていきましょう。

 

〖楽器〗ドレッドノートサイズ(ミディアムサイズ)のフォークギターを指すので、とにかくアコギを始めてみたい!という人は、このタイプのギターを選ぶといいでしょう。
手が小さいため不安がある、という人はスモールサイズのギターを選ぶという選択肢もあります。ライブなど、大音量で弾く必要があるならば、エレアコを選択するなど、用途によっても選ぶギターが決まってきます。最初は❝弾きやすいギター❞特に左手が押さえやすいものをお勧めします。

 

〖こんな人におすすめ!〗

・好きな曲や有名な曲を弾き語りをしてみたい

・テレビやCDでよく聴く弾き語りアーティストの曲を弾いてみたい!

・自分の知っている曲、好きな曲の伴奏をしてみたい!

・歌なしのメロディと伴奏を同時に演奏できるようになりたい!